2017年01月24日

【フォーラム終了のご報告】池袋でつながり明日のアクティビティ・ケアを考え合う!

IMG_1166.jpgこの週末に池袋の立教大学をお借りし、「アクティビティ・ケア実践フォーラム」が行われました。高齢者や障がい者のケアに関わっている現場の方々が集い、日頃の実践の発表の場であり、報告の場であり、交流の場であるこのフォーラムも今回で7回目。
年々参加者の方々の熱が上がってきています。全国に輪が広がっています。常連の方々は、年に1回ここで会って話せることを楽しみにしてくださっているようです。

IMG_1137.jpg私が担当させていただいた音楽アクティビティでは、みんなで長い布を持ちながら歌を歌い、ボールを落とさないようにリズミカルに布を動かしてみました。みんなの息を合わせること、力加減、バランス、知らず知らず近くの人のことを意識したり、気遣ったり。発表された方は多世代交流にも活かされているそうですが、臆することなくできる簡単な動作の中で、関係性が豊かになる素敵なアクティビティだなあと感じました。

IMG_1153.jpgまた、運動アクティビティでは、「ボッチャ」というパラリンピックの正式種目にもなっているボール競技の紹介がありました。今回発表くださった施設では、高齢者の方が熱心に練習し、地域の大会で優勝されたとか。ボッチャの練習日は決まっていて、前の晩は眠れなくなるくらい楽しみにされたり、宣誓をする方がご家族を呼んだり、優勝した時に思わず号泣(うれし泣き)されたという感動的なお話しもうかがいました。
子どもたちと接していてもそうですが、「人と関わること」は、いろいろなドラマが生まれ、心を動かされるエピソードがたくさん蓄積されていきます。そしてそのエピソードを人に伝えることで、その人にとっての宝物になるような気がします。

次は、保育現場の方の出番です。
2月26日(日)春の芸術教育学校「保育者のためのアートフォーラム」でお会いしましょう!

(あーと・らぼ 津村)
posted by あーと・らぼ at 18:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 高齢者アクティビティ開発センター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月21日

3月9日・10日はアクティビティ・ケア実践フォーラム@池袋

image_パンフ表紙.jpgあーと・らぼのある芸術教育研究所には、高齢者アクティビティ開発センターというところもあります。
そのセンターと日本福祉文化学会の主催で、3月9日(土)・10日(日)に、「アクティビティ・ケア実践フォーラム」を開催します。

1日目には、「人間らしく生きるための『遊び』の重要性」をテーマにした基調講演や、
NHKの「プロフェッショナル」にも出演された認知症ケアの専門家・和田行男さんのご講演がある他、
センターが長年研究してきた「高齢者へのおもちゃの実践と効果」について、開発センター研究員の磯忍からも実践報告をいたします。

また2日目には、おもちゃコンサルタントでもある斎藤照正さんの「手作り伝承玩具」や、田村洋子さんの「わらべうたあそび」など、高齢者へのアクティビティ・ケアを実践者から直接学ぶ分科会もあり、高齢者の生きる楽しみを探る2日間になります。
普段、目にしている「遊び」を、高齢者の視点から見ることで、きっと新しい発見につながることと思います。

他にも内容が盛りだくさんですので、ぜひホームページをご覧ください。

第3回「アクティビティ・ケア実践フォーラム」
〜認知症のお年寄りのアクティビティ・ケア〜

日時 3月9日(土)13:00〜17:10・10日(日)10:00〜16:00
会場 立教大学・池袋キャンパス(東京都豊島区池袋)  

(高齢者アクティビティ開発センター)
posted by あーと・らぼ at 11:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 高齢者アクティビティ開発センター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月31日

「アクティビティ・ケア実践フォーラム」終了

2011ケアフォ-ラム.jpg10月29日・30日に東京・池袋の立教大学をお借りして、「アクティビティ・ケア実践フォーラム」が行われました。
2日間で、延べ200名の方にご参加いただき、さまざまな角度から、高齢者・障がい者へのアクティビティについて、共に考え、励まし合い、話し合いができたように思います。
特に今年は、3月の震災から学ぶことも多く、そこから特別な「ケア」だけでなく日頃の「ケア」についてのヒントもあったように思いました。
また、このアクティビティ・ケアフォーラムは、芸術教育研究所の中にある「高齢者アクティビティ開発センター」が認定してる「アクティビティディレクター」たちが、様々なところで活躍するフォーラムでもあります。
日ごろ、介護福祉士として、作業療法士として、ホームヘルパーとして、ボランティアとしてなど、ご自分の場をもっていらっしゃるアクティビティディレクター達が、その実践を持ち寄り、等身大のアクティビティ術を分科会を通して、たくさんの方に伝えていただきました。さらに、「アロマオイル」の活用法や、「さをり織り」を通した自己表現法、器を通して考える日本の食文化など、このフォーラムならではのプロから学ぶ分科会もあり、実際に体験しながらの講座は、今のご自分の場をイメージしながら、即実践につながるものを得ていただけたようにも思います。

今年ご都合の合わなかった方は、ぜひ来年ご参加ください。

(あーと・らぼ 津村)
posted by あーと・らぼ at 11:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 高齢者アクティビティ開発センター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月15日

第2回 アクティビティ・ケア実践フォーラム

MX-2600FN_20110915_123534_001.jpg昨年第1回目が開催され、大変好評だった『アクティビティ・ケア実践フォーラム』が、装いも新たに、今年も開催されます。
今回は、「震災後のアクティビティ・ケアの重要性をこれから」と題し、被災者に限らず求められている「心のケア」について、アクティビティ・ケアを通して考えていきます。
講演だけでなく、実践報告や、2日目の分科会などもあり、研究者、実践者が交流しながら、福祉文化活動の向上をめざしていきます。
アクティビティディレクターをはじめとする介護の現場で活躍されている方はもちろん、この夏アクティビティインストラクター養成講座を通して、多世代交流や、幼老統合保育をについて学ばれた方にも、貴重な機会になると思います。
ぜひ、ご参加ください。

第2回 アクティビティ・ケア実践フォーラム
〜震災後のアクティビティ・ケアの重要性とこれから〜

日時:2011年10月29日(土)13:30〜17:00 10月30日(日)10:00〜16:00
会場:立教大学・池袋キャンパス(東京都豊島区)
参加費:6000円/2日間  3000円/1日のみ
主催:日本福祉文化学会 高齢者アクティビティ開発センター
詳しくはこちらをご覧ください。

(あーと・らぼ 津村)
posted by あーと・らぼ at 13:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 高齢者アクティビティ開発センター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月24日

6月14日「高齢者の住まいフェア2011東京」開催!

今日は、高齢者アクティビティ開発センターからのお知らせです。

6月14日、新宿NSビルで開催される「高齢者の住まいフェア2011東京」で、
当研究所所長で、高齢者アクティビティ開発センター代表の多田千尋が、
フリーアナウンサーの生島ヒロシさんと「“老活”のすすめ〜これからの会後に備えて〜」というテーマで、対談をします。
お時間のある方は、ぜひ、ご来場ください。

ikushimatada.jpg高齢者の住まいフェア2011 特別対談セミナー
「“老活”のすすめ〜これからの会後に備えて〜」
6月14日(火)13:30-14:30
*セミナー参加にについては、事前の申し込みが必要です。
こちらをご覧ください。
生島ヒロシ氏の8年間の義母の介護生活で培われてきた介護体験をはじめ、
40代から始めた御自身の健康、自助力、扶助力、共助力についての紹介と、
多田の、地域社会でアクティビティ・ケアを導入し、誰もが参画できるケアも出る活動を展開している事例をもとに、高齢社会と住まい、地域文化との共生、“老活”についての対談です。


このイベントは、日本有数の介護施設が一同に集まるとのこと。
また、他にも介護に関するセミナーも開催されます。
これからの介護を通して、「住まい」や「自分の老後」を考えてみるよい機会になるかもしれませんね。
高齢者アクティビティ開発センターも、書籍や高齢者遊具のご紹介をしていますので、ぜひお立ち寄りください。

「高齢者の住まいフェア2011」
 日にち:6月14日(火)
 時 間:10:00〜17:00
 場 所:新宿NSビル 大ホールA (東京都新宿区西新宿2丁目4−1)
詳細は、こちらをご覧ください。


20111520-0011.jpgこのイベントに先駆け、多田が「oasisnaviTV」に出演し、高齢者の遊びについてお話しました。
その時の様子を、サイトでご覧いただくことができます。
じっくり見ていただくと、25分頃から、すてきな声とともに登場します。

(あーと・らぼ 津村)
posted by あーと・らぼ at 19:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 高齢者アクティビティ開発センター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする