2017年11月01日

【お知らせ】明日からはじめる木育プログラム体験!

ニッセ3.jpg木育インストラクターの方々が、保育園や幼稚園などご自分の場で新たに《木育》に取り組もうとするとき、どんなことからはじめることができるでしょう。園舎を木質化するとか園庭にツリーハウスを作るなどはちょっと大掛かり過ぎるし、園のほかの先生とも温度差がありそうです。目に見える成果を出して、周りにも理解を求めたいけどなかなか難しい。そんなハードルをひとつづつ乗り越えている方の話を聞き、“木育”をより身近で展開するためのフォローアップ講座を開催します。

実践例と製作から学ぶ人をつなげる木育プログラムの実際
【日時】2018年11月11日(土)10:00〜15:00
【場所】東京おもちゃ美術館(東京都新宿区)
【受講料】5,400円(材料費込)
【対象】木育インストラクター・木育に関心のある方
【お申込み・お問合せ】あーと・らぼ 電話 050-5528-2030

ニッセ2.pngこの日は、木育インストラクターの先輩が登場します。
子どもたちがより木に親しみを持ち、木を日常に感じるために、“木”や“木片”などを使ってワークショップを各地で展開しているおもちゃコンサルタントでもある高田昌樹さん。
今回は、木片を磨いて磨いて……単純な作業を繰り返す中で、愛すべきご自分の大切な物に変化することを体感していただくとともに、その過程を子どもたちにも伝えていくことその大切さと伝えるポイントをお話しいただきます。
また、近くの森の中で、子どもたちだけでなく親子も一緒に自然を感じ、“生命の大切さ”を伝えたいと活動されている保育ナチュラリストでもある中村令子さんからは、この活動を始めようとしたきっかけや進めていく中での周りへの働きかけについて、ご苦労も交えながらお話しいただきます。
そして、東京おもちゃ美術館が進めている木育については、認定NPO法人芸術と遊び創造協会の事務局長の馬場清からお伝えします。
どんなところにも木育をはじめるきっかけは潜んでいるもの。そのきっかけをどのように見つけ、どのように育てていくか。3人の方の実践やエピソードなどを参加者みなさんで共有することで、きっと「自分らしい木育」に気づくことができると思います。
詳細はこちらをごらんください。

(木育インストラクター養成講座 吉川)
posted by あーと・らぼ at 16:47| Comment(0) | 夏・秋・春の芸術教育学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月07日

【ご報告】手話通訳付き おもちゃインストラクター養成講座開催しました

CIMG0354.jpg9月30日、10月1日の2日間で、おもちゃインストラクター養成講座を開催しました。約20年間全国で年間約80回開催されているこの講座ですが、今回初めて『手話通訳付き』という形での開催となりました。
これは、おもちゃインストラクター養成講座講師のおひとりでもある頭金多絵先生からのご提案で実現したもの。聴覚障害者の方にもストレスなく受講いただける講座ということでいろいろ考えながらスタートしたものですが、
実際に障がいをもった方と一緒に受講することは、健常者にとってもたくさんの学びと気づきがあったことと思います。
CIMG0388.jpg障がいについて「知らない」ために一緒に何かをしたい気持ちやサポートしたい気持ちがあっても戸惑いがちです。「知っている」だけでなく「わかる」ためには、一緒の場で一緒の時間を過ごすのが一番のような気がします。おもちゃを通して一緒に学び、一緒に考え、一緒に遊ぶことでその輪が広がったように思え、とても楽しい講座でした。
何よりも手話通訳士として長年活動されている頭金先生がいらしたからこそ実現したこの講座。なかなかどの講座でもというのは難しいですが、せっかくはじめのいっぽをふみ出したのですから、少しずつでも続けていかれるよう、私たちスタッフ側もより良い講座のためにいろいろ知恵を絞っていきたいと思います。
参加いただいた受講生のみなさん、頭金先生、そしてもう一人の通訳士として関わってくださった臼倉真弓さん、ありがとうございました。
CIMG0420.jpg     CIMG0412.jpg

(人材育成部 津村)
posted by あーと・らぼ at 15:29| Comment(0) | 夏・秋・春の芸術教育学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月20日

【秋以降の講座のご案内】秋のおとずれ

IMG_0331.JPGあっという間に夏が通り過ぎてしまいました。ブログも思っていた以上に空けてしまいました。
この夏も「夏の芸術教育学校」に参加くださったみなさま、ご指導くださったみなさま、ご協力くださったみなさま…ありがとうございました。
さて、気持ちも新たに、秋からの講座のご案内です。

1.森のめぐみの保育環境セミナー
 東京都との共催で、都庁ホールを舞台に開催される「森のめぐみの保育環境セミナー」も3回目。 今年の基調講演は、私ども認定NPO法人芸術と遊び創造協会理事長の多田千尋から「木育が保育を変える地域を紡ぐ」と題し、『木育=ウッドスタート』についてお話いたします。また、都内3園+実践者からの充実の事例報告も必聴。開催は目の前ですが、まだお受付はOK。お早目にご連絡ください。
【日時】9月23日(土・祝)13:00〜16:00
【場所】東京都庁 都民ホール(東京都新宿区)
【受講料】無料
【申込み】FAXで@講座番号801Aお名前Bご住所Cお電話番号DFAX番号E人数の6項目をご連絡ください。
折り返し、ご案内をFAXでお送りいたします。

2.おもちゃインストラクター養成講座
 年間さまざまな場で開催されているおもちゃインストラクター養成講座ですが、今回は『手話通訳付』の特別バージョン。聴覚障害をお持ちの方も、ぜひご参加ください。今後、このような講座がもっともっと開催できるようにするための、はじめのい〜っぽ!です。
【日時】9月30日(土)13:00〜16:00/10月1日(日)10:00〜16:00(2日間講座)
【場所】東京おもちゃ美術館(東京都新宿区)
【受講料】10,000円
【申込み】こちらからお申し込みの上、受講料をお振込ください。

3.保育ナチュラリスト養成講座
 大人気ののため、夏も秋も早々に締切になってしまったこの講座。東京おもちゃ美術館を会場に、追加開催いたします。この季節ならではの生き物とともに、子どもたちへ伝えたい「自然の素晴らしさ」や「生きる喜び」を実感できることでしょう。
【日時】10月7日(土)13:00〜16:00/10月8日(日)10:00〜16:15 (2日間講座)
【場所】東京おもちゃ美術館(東京都新宿区)
【受講料】13,400円
【申込み】郵便振替でお申し込みください。
     番号:00100-3-730904 加入者名:芸術教育学校 通信欄:講座番号857とお名前・ふりがな
     入金確認後、受講票を郵送いたします。10/1以降のお申込みはお電話でお問い合わせください。

4.明日からはじめる木育プログラム体験
 木育インストラクターを取得したけどなかなか実践につなげられない、木育ってどんなことから始めればいいの?興味があればあるほどどこから手を付けたらいいのか迷いがちな木育指導。今回は、東京おもちゃ美術館や、千葉にある子育てしてーしょんニッセからの実践例をもとに木育プログラムを考えていきます。
【日時】11月11日(土)10:00〜15:00
【場所】東京おもちゃ美術館(東京都新宿区)
【受講料】5,400円
【お問合せ】郵便振替でお申し込みください。
      番号:00100-3-730904 加入者名:芸術教育学校 通信欄:講座番号857とお名前・ふりがな
      入金確認後、受講票を郵送いたします。11/5以降のお申込みはお電話でお問い合わせください。

その他、10月14日・15日は東京おもちゃ美術館での東京おもちゃまつりが開催されます。また、10月24日からは「おもちゃコンサルタント養成講座」通学60期もはじまります。
楽しいことがたくさん待っているこの秋。ぜひ「学びの秋」「芸術の秋」にご利用(?)ください。

ご不明な点は、お電話・メールでお問い合わせください。
電話:050-5528-2030 メール:nakano@art-play.or.jp

(芸術と遊び創造協会 人材育成部 津村)
posted by あーと・らぼ at 17:32| Comment(0) | 夏・秋・春の芸術教育学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月30日

【講座追加】保育ナチュラリスト養成講座 好評につき追加開催決定!

IMG_0290.JPG夏の芸術教育学校、2017年度もたくさんのお申込みをいただきありがとうございます。連日届くお申込書にスタッフ一同頑張っております。お申込みいただいた皆様、もう少し受講票をお待ちください。
さて、ご好評をいただいておりますため、特に東京会場は締切になっているものも増えてきております。ご迷惑をおかけし、申し訳ありません。
そんな中、早い時期から“受付終了”となっておりました保育ナチュラリスト養成講座の追加開催が決定いたしました。
【講座番号】857
【日時】1日目/2017年10月7日(土)13:00〜16:00 2日目/10月8日(日)10:00〜16:15
【会場】東京おもちゃ美術館(東京都新宿区)
【受講料】13,400円(認定NPO法人芸術と遊び創造協会会員割引あり)
【お申し込み方法】 夏の芸術教育学校のページをご確認ください 講座番号857

久々に東京おもちゃ美術館で行います。
場所、季節が変わるとま違った発見ができるのが「保育ナチュラリスト養成講座」。
このところお問い合わせも多く、お申し込みはお早目に。

*現在保育ナチュラリスト養成講座のお申し込みは、上記10月のものと、講座番号856 3月24日、25日に行うものになります。3月については、こちらをご覧ください。

(夏の芸術教育学校事務局 津村)
posted by あーと・らぼ at 11:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 夏・秋・春の芸術教育学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月01日

2017年 第51回 夏の芸術教育学校 情報解禁!!

IMG_20170501_161416.jpg今年も夏の芸術教育学校の季節がはじまります。
本日、パンフレットも到着し、来週から全国の皆様のところにお送りする予定です。
今年のパンフレットは、デザインがかわり、より夏らしく、より爽やかに、そしてやさしい雰囲気になったと思っております。
さて、今回のこのパンフレット、一部秋冬におこなわれるものも含め、いくつの講座が掲載されているでしょう?

今年は、『記録』という視点で保育を見直してみたり、『子ども主導のプロジェクト型保育』についても注目していきたいと思っています。また、絵画指導を幼稚園・保育園それぞれの特性から考えてみたり、『2歳児』の育ちについて学ぶ講座など、半日講座をより充実させました。
17_summer_P02.jpgさらに年間を通して学んでいただけるよう、秋冬に資格認定講座を開催したり、資格を取得された方に向けてのフォローアップ講座や研究会なども新しく企画しております。
新しい学びの場であり、資格を取得された方の集いの場として、ブラッシュアップ・キャリアアップ等の継続的な学びの場としての、夏の芸術教育学校の新しい顔もぜひ覗いてみてください。
夏の芸術教育学校 詳細はこちら

パンフレットのご請求をメールでお名前・郵便番号・ご住所をお知らせください。
芸術教育学校事務局 メール aei@toy-art.co.jp
*会員の方は、5月下旬までにはお手元に届くと思います。

で、講座数ですが・・・・・
答:175講座

(芸術教育学校事務局 津村)
posted by あーと・らぼ at 17:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 夏・秋・春の芸術教育学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月12日

【滝野川会館への道順】JR京浜東北線「上中里」編

いよいよJR京浜東北線「上中里駅」からの道順です。
JR山手線「駒込駅」編はこちら
東京メトロ南北線「西ケ原駅」編はこちら

170_7094.jpgこの駅からは、しばらく上り坂が続きます。そしてその先を左に曲がります。それでも徒歩7分。それでは出発しましょう。






IMG_20170211_123517.jpg改札口を出ると、いきなりコインロッカー。さあ、左へ進みましょう。









IMG_20170211_123545.jpg信号の前に、滝野川会館はこちらのの矢印が。まずは方向を確認!









IMG_20170211_123604.jpg信号を渡ったら右の上り坂を進んでいきます。ちなみにこの信号「押ボタン式」です。









IMG_20170211_123821.jpg右をみるとこんな感じ。左に回り込んでいる道。さあ、登っていきましょう。









IMG_20170211_123935.jpgちなみに道を挟んだ向かい側が「平塚神社」です。









IMG_20170211_124020.jpg住宅街をひたすら直進。









IMG_20170211_124256.jpg登りきったところが本郷通り。ここを左に曲がります。









IMG_20170211_124321.jpg左を見るとこんな感じ。ここをまっすぐ進みます。









IMG_20170211_122523.jpgそろそろ歩道橋がなんとなく見えてくるかと思います。









IMG_20170211_122654.jpgそのまま直進。あと一息。









IMG_20170211_122719.jpg歩道橋の横に滝野川会館があります。降りる階段がありますが、そこを通り過ぎ、1階の入口へ進んでください。








IMG_20170211_120626.jpg着きました。
未満児・絵画・造形・木育の分科会の方は、エレベーターで、3階へおすすみください。
おもちゃ・表現あそびの分科会の方は、エレベーターで地下2階にお進みください。
よろしくお願いいたします。


(春の芸術教育学校事務局 津村)
posted by あーと・らぼ at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 夏・秋・春の芸術教育学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする