【今年もあります!】オンラインおもちゃゼミナール

オンラインおもちゃゼミナール_フライヤー.jpg昨年好評のうちにいったんお休み期に入っていたオンラインおもちゃゼミナール。無事、5月に復活し13講座を開講いたしました。
5月に久しぶりに、画面越しで皆様にお会いできた時はなんだか懐かしくとても嬉しく感じました。画面越しでしかお会いしていない方が多いのに、ちょっと不思議な感覚です。

さて、7月以降もまた皆さんにお会いできたらと・・・ラインナップのご紹介です。


【7月3日(土)】

■10時30分~12時 「家じゅうの“紙”でおべんとう作り」座長:荒木 舞
 お家でお子さんと一緒に・・・子育て支援センターや児童館でもできる造形遊び
 日頃見慣れているいろいろな“紙”を使って、お弁当を作ります。折り紙や画用紙、お花紙や和紙だけでなく、封筒のごつごつした感じが唐揚げになったり、ツルツルしたチラシが目玉焼きになったり、おにぎりや海苔巻き、握りずしを作った方もいらっしゃいました。また、ハンバーガーやサンドイッチなどもおいしそう。今回もどんなものができるのかとても楽しみです。お子さんと一緒の参加もOK。土曜日の午前中、親子で考え、作ってみてください。

■14時30分~16時 「話して作って楽しもう!」座長:山岡千秋
 このゼミナールは、みなさんとおもちゃや遊びのエピソードを共有する時間と、季節に合わせた手作りおもちゃをを作って遊ぶ時間の2本立て。普段の活動の中での、かわいかったり、楽しかったりの場面や、おもちゃや遊びの力に助けられたことを話したり、聞いたりする中で、温かな気持ちになるだけでなく、困っていることや疑問に思っていること、なかなかうまくいかないことも出し合って、座長はもちろん、参加者の方の経験も聞きながら、解決の糸口も見つけあいましょう。山岡さん一押しの季節の手作りおもちゃも楽しみです。こちらもお子さんとの参加OKです。

■18時30分~20時 「あなたの地域でひろば活動 はじめる 続ける 広げるために」座長:高野幸恵
 地域で活動している方々にぜひご参加いただきたいゼミナールです。
特にコロナ禍で、地域活動が難しい今。それでも工夫次第で地域活動はできるはず!活動に参加してもらうためには、参加者だけでなくスタッフの確保も必須。そのほか、モノやおカネも重要なポイントです。経験豊かな座長をはじめ、参加者同士も交流し合い、他の場ではどんなふうに活動されているのか、これから活動しようと思う方、続けていくためのノウハウなど皆さんと活動へのヒントを一緒に探りたいと思います。

【7月11日(日)】

■10時30分~12時 「わらべうたであそぼう」座長:久蔵郁子
季節を感じるわらべうたを通した、お手玉遊びや折り紙、絵本、シフォン布なども使った遊びをみんなで楽しみます。
7月・8月は満席・・・残念っ!でも、9月以降も開催いたしますので、ぜひ、こまめなチェックを!


【7月16日(金)】

■19時~20時30分「高齢者の楽しいアクティビティ・ケア入門」座長:磯 忍
 7月は、「園芸はじめの一歩」と題しサカタのタネの清水 俊英さんにご登場いただきます
直接自然と関われ、コミュニケーションのきっかけにもなり、日常生活を楽しむアクティビティとして最適な家庭園芸。基本を知り、失敗の少ない育て方のコツをプロから学びます。ご高齢の方に直接かかわっていない方も参加いただけます。高齢者福祉の一端を垣間見る機会にもなることでしょう。

【7月23日(金・祝)】

■10時30分~12時「子どもと楽しむ「遊び名人」になろう!岡田哲也のおもちゃの時間」
 キーワードは「想像力」。オンラインならでは、おもちゃに触れず、想像力を使って遊んでみて、遊びはどう広がるのか、子どもたちの興味や関心を引き出せるのかなどなど、岡田ワールドをおたのしみください。

子どもOKのゼミナールも、内容そのものは大人に向けたものです。

お申込みと詳細はこちらをごらんください。


(ゼミナール事務局 岡野)

この記事へのコメント