2018年10月29日

【お知らせ】11月以降は、研修セミナー目白押し

まつりポスター (13).jpgそろそろ11月の声も聞こえてくるようなこの時期。“食欲の秋”“芸術の秋”“スポーツの秋”などなど、秋はさまざまありますが、あーと・らぼの秋はやっぱり“学びの秋”といきたいものです。
みなさまの“学びの秋”を応援すべく、この11月以降もさまざまなセミナーを企画しています。

まずは、おもちゃインストラクター養成講座。専門職の方にとっては、現場のおもちゃや遊びを見直す機会になります。ボランティアや、ご家族にためにと考える方にとっては、こんなに遊びって広がるんだ!!という気づきの機会になるでしょう。いずれにしても、今、目の前にあるおもちゃたちがさらに輝きを増し、目の前にいる方とあなたとの距離をグッと縮めてくれることと思います。東京会場では、11月~3月まで毎月開催しますので、ご都合のよいお日にちを探してみてくださいね。

また、アクティビティインストラクターをお持ちの方限定にはなりますが、11月はアクティビティディレクター資格認定セミナーがはじまつ月でもあります。この講座については、前回もお伝えしましたが、福祉施設の中でどのようにアクティビティ・ケアを進めていくのか、マインドの面から、技術的な面から、計画の面からと多角的に考えていきます。ぜひ、こちらもご検討ください。
アクティビティインストラクターや、アクティビティ・ケアフォーラムは、11月に盛岡、12月には釧路など地方会場での開催もあります。また、
全国から東京に集まる、「アクティビティ・ケア実践フォーラム」は、年明け早々、1月13日・14日に開催いたしますので、アクティビティインストラクターやディレクターの方、ぜひお集まりください。まだ、これからという方は、インストラクターやディレクターの日頃の実践を体験できるこの機会に、ぜひご参加ください。こちらは、どなたでも参加いただけます。

子どもに携わる方に向けた「芸術と遊びフォーラム」も、2月に開催します。幼稚園、保育所、子育て支援センターなどをはじめ子どもに関わる方々が一同に会し、子どもにとっての表現活動について、実践をもとに考え合うこのフォーラムは、夏の芸術教育学校とはまた違った学びです。
自分の指導を見直し、新たに広げていくための学びの場として、どなたでも参加いただけます。

その他、2月には木育インストラクター養成講座、3月には保育ナチュラリスト養成講座などもお申込み受付中。
なりたいあなたになるために・・・、ぜひ各講座ご検討ください。

(人材育成部 津村)
posted by あーと・らぼ at 16:08| Comment(0) | あーとりえ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください