2018年02月07日

【出版案内】日本伝承遊び事典(黎明書房)

Book-伝承あそび-1.jpgこの4月20日に10歳のお誕生日を迎える東京おもちゃ美術館。10周年を記念し、「日本伝承遊び事典」が出版されました。
伝承遊び、むかし遊びは、各地にそれぞれ存在し、どれが正解!ということではありません。また、遊びを展開する中で、新しいアイディアが加わり、どんどん変化していくこともあります。
今回のこの事典は、旧芸術教育研究所に関わって下さる方やおもちゃコンサルタントをはじめとする旧日本グッド・トイ委員会会員の方々に「未来に残したい伝承遊び」というアンケートのご協力をいただき、その中から、厳選した約300種類を掲載いたしました。ですので、「まだまだこんな遊びもあるよ」「子どもの頃、この遊びはこんな風に遊んだんだけどな」という方もいらっしゃると思います。そんな方にも、「へえ、こんなルールもあったんだ」「こんな行事やお祭りもあるんだね」「こんな遊びしたよね」と楽しみながら、想いだしながら、読んでいただけたらと思います。
Book-伝承あそび-2.jpgそのくらい日本には、四季の移り変わりに合わせたり、その土地土地の良さを活かした遊びが豊かにあるということなのでしょう。
遊びがわかりやすく伝わるよう、図解や写真を多数掲載。小学生にも読んでいただけるようわかりやすい表現にもしています。小学校の先生方には、新学習指導要領のひとつ「伝統や、文化に関する教育の充実」にお役立ていただけることと思います。

Book-伝承あそび-4.jpg「日本伝承遊び事典」
東京おもちゃ美術館編
黎明書房
4,500円+税
芸術と遊び創造協会会員の方には、会員割引あり。

また、夏には、この出版を記念したフォーラムも現在企画中。
お楽しみに!

(人材育成部 津村)
posted by あーと・らぼ at 15:50| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。