2017年11月01日

【お知らせ】明日からはじめる木育プログラム体験!

ニッセ3.jpg木育インストラクターの方々が、保育園や幼稚園などご自分の場で新たに《木育》に取り組もうとするとき、どんなことからはじめることができるでしょう。園舎を木質化するとか園庭にツリーハウスを作るなどはちょっと大掛かり過ぎるし、園のほかの先生とも温度差がありそうです。目に見える成果を出して、周りにも理解を求めたいけどなかなか難しい。そんなハードルをひとつづつ乗り越えている方の話を聞き、“木育”をより身近で展開するためのフォローアップ講座を開催します。

実践例と製作から学ぶ人をつなげる木育プログラムの実際
【日時】2018年11月11日(土)10:00〜15:00
【場所】東京おもちゃ美術館(東京都新宿区)
【受講料】5,400円(材料費込)
【対象】木育インストラクター・木育に関心のある方
【お申込み・お問合せ】あーと・らぼ 電話 050-5528-2030

ニッセ2.pngこの日は、木育インストラクターの先輩が登場します。
子どもたちがより木に親しみを持ち、木を日常に感じるために、“木”や“木片”などを使ってワークショップを各地で展開しているおもちゃコンサルタントでもある高田昌樹さん。
今回は、木片を磨いて磨いて……単純な作業を繰り返す中で、愛すべきご自分の大切な物に変化することを体感していただくとともに、その過程を子どもたちにも伝えていくことその大切さと伝えるポイントをお話しいただきます。
また、近くの森の中で、子どもたちだけでなく親子も一緒に自然を感じ、“生命の大切さ”を伝えたいと活動されている保育ナチュラリストでもある中村令子さんからは、この活動を始めようとしたきっかけや進めていく中での周りへの働きかけについて、ご苦労も交えながらお話しいただきます。
そして、東京おもちゃ美術館が進めている木育については、認定NPO法人芸術と遊び創造協会の事務局長の馬場清からお伝えします。
どんなところにも木育をはじめるきっかけは潜んでいるもの。そのきっかけをどのように見つけ、どのように育てていくか。3人の方の実践やエピソードなどを参加者みなさんで共有することで、きっと「自分らしい木育」に気づくことができると思います。
詳細はこちらをごらんください。

(木育インストラクター養成講座 吉川)
posted by あーと・らぼ at 16:47| Comment(0) | 夏・秋・春の芸術教育学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。