2012年12月15日

あらっ?不思議!「筒がえし」の出来上がり

P1290386.JPG今年最後の秋の芸術教育学校は、東京おもちゃ美術館の『おもちゃこうぼう』から、佐野佐和子先生にいらしていただきました。おもちゃ美術館が中野にあった頃から、数えきれないくらいのおもちゃを指導されている先生です。今回は、江戸のからくりおもちゃ「筒がえし」作りを指導していただきました。本当は、竹で出来ているのですが、作業のしやすさや材料の手に入りやすさから、今回は太めの紙筒を使って作りました。くるっと回して3つの絵が出てきます。絵には多少苦戦された方々でしたが、みんなのビックリする顔や、そのあとの笑顔を思い浮かべながら作ってくださいました。
材料は、写真の物だけ。材料の選び方や、準備の仕方なども学べる、とっても贅沢な講座でした。
(講座風景の写真を撮り忘れました…大失敗!)

さて、今年の秋の芸術教育学校も年明けの2講座を残すのみになりました。
1月17日は、プロのおもちゃ作家「こまーむ」の小松和人さんにお越しいただき、木と紙を組み合わせて作りお話遊びができるおもちゃを作ります。
最終日24日は、おもちゃ美術館から小柳万莉さんにお越しいただき、マトリョーシカに絵付けをし、オリジナルマトリョーシカ作りをします。
まだお受付できますので、お問い合わせください。

(秋の芸術教育学校事務局 津村)
posted by あーと・らぼ at 13:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 夏・秋・春の芸術教育学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック