2012年11月17日

「見せたい!!」絵本の作り方

yubi.bmp     menbo.JPG
15日に行われた秋の芸術教育学校は、絵画教室の高橋亜希子先生による「てん・てん・てんで絵本作り」。
小さい子どもでもできる『点描』の技法を工夫して、4つの場面で展開する絵本作りです。
まずは、指を使った点描。親指と小指では大人でもずいぶん大きさが違います。もうひとつは綿棒を使った点描。画用紙などを使い、ある程度かたちを決めて、そこに点描をしていきます。
どちらもシンプルなので、あとは工夫次第。今回の参加者は、保育園等の先生方が多く、クラスの子どもたちを浮かべながら作ってくださったようです。
思わず「明日見せよう!」という声が聞こえてきました。先生が作るのではなく、子どもたちと一緒にも作れますね。大人になってからも思い出に残るすてきな絵本になることでしょう。

(秋の芸術教育学校事務局 津村)
posted by あーと・らぼ at 15:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 夏・秋・春の芸術教育学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック